リノ寝室1 シーンテキスト

リノ
「んー……ちゅっ♪」

リノ
「ちゅっちゅっ♪
んっ……王子のおち○ぽ、どんどん元気になっていくよ?」

あらわになった愚息に、
彼女の小さな唇が何度も触れる。

どうしてこんな状況になったのかという困惑が、
胸中に、ぐるぐると渦を巻いていた。

リノ
「どうしてって……バレンタインはこうするのが普通なんだよ?」

そうなのか?

リノ
「うん! チョコって媚薬でもあるらしくて……」

リノ
「だからバレンタインは、
大好きな男の子に元気になってもらって、
いーっぱいえっちしてもらう日なんだって!」

リノ
「だからね、仕方ないの。
王子のおち○ぽがカッチコチなのも、
リノが、おち○ぽぺろぺろしてあげたいのも……」

リノ
「ぜーんぶ、チョコのせいなんだからね♪」

どこか熱に浮かされたような、
普段のリノであれば言わないような言葉の数々。

もしや何か他に原因があるのではないか、
そう思って口を開こうとした瞬間――

リノ
「ぺろっ♪」

熱く小さな舌が、裏筋を舐め上げてきた。

繊細でありながら、抗いがたい快感に、
思わず背がのけぞり、無意識にうめきが漏れた。

リノ
「王子……気持ちいいんだぁ♪
こんな感じ? ぺろぺろ……ちろちろ♪」

弱点を的確に刺激しながら、
リノの指と舌が愚息を這い回る。

性感帯の全てを知り尽くしているかのように、
リノの奉仕は容赦なく、苛烈に続く。

リノ
「いいんだよ……ぜーんぶリノに任せて。
ぺろ……ふぁっ……おち○ぽ、どんどん大きくなって……」

リノ
「ぺろ……れろ……んちゅ……」

リノ
「王子、腰動いちゃってるよ……?
どうしたの? ぺろぺろだけじゃ我慢出来ないの?」

リノ
「リノのおくちに入れたいの……?」

そうは認めたくなかった。

リノは普段から、
何かと問題児なところのある少女だったが、
だからと言って、こんな風に肉棒を求めてくるような――

リノ
「はい、時間切れー♪
あむっ! れろろろ……ぴちゅ……ちゅぷんっ♪」

リノは片手で肉棒をしごきながら、
その先端を咥えこんできた。

あまりの快感に思考は停止し、
脳裏に白く火花が散る様すら幻視する。

リノ
「ぢゅぷっ、ぢゅぷぷっ、ぢゅぷっ、ちゃぷ……ぢゅぷるっ♪」

リノ
「ん~♪ ちゅぷ……ぢゅるるるるっ♪」

熱くとろけた口腔内で、
肉棒が溶かされていくかのようだった。

指先まで駆け巡る、しびれるような快感に、
抵抗の意思は次々に剥ぎ取られていった。

リノ
「ぷぁっ……王子、何か出てるよ?
変な味の……我慢汁っていうんだっけ……」

肉棒の先端から溢れた半透明の液体を、
リノの舌先がすくい取っていく。

その刺激にすら、愚息は律儀に反応し、
形容しようのない快感が全身に伝播していった。

リノ
「んっ……王子の舐めてたら……リノも……」

ぼんやりとした意識の中、リノの姿を見下ろすと、
彼女は空いている片手を、自身の秘所へと伸ばしていた。

リノ
「んっ……うわ……びしょびしょになってる……」

リノ
「王子のおち○ぽって、
何か興奮する感じの変な成分出てない……?」

俺の愚息は魔物か何かか、と抗議しようとするが、

リノ
「まぁいいや♪ もっともっとしてあげるね?
あむっ♪ じゅぷっ……ぢゅるるるっ……ぢゅるっ♪」

リノ
「んっ……ふぁっ……ちゅぷっ……んんぅっ……ぢゅぷぁっ」

微かに漂う、甘いリノの香りに、
にわかに熱い疼きが首をもたげ始める。

この幼い口の中に精液を解き放ちたい、
そんな強い欲望が、腰の奥に渦巻いていた。

リノ
「んぁっ……ふぅ……ぢゅぷっ……れろ……ぷぁっ……」

リノ
「がまんじる……どんどん出てくるよ……?
ちゅっ……れろ……もしかして、イくの我慢してるの?」

リノ
「いいんだよ……?
リノに全部出して、飲ませていいんだよ……?」

リノ
「あむ……じゅぷ……ぢゅるる……ぢゅぱ、ぢゅぷっ……」

扇情的なリノの言葉が、理性のタガを容易く外す。

献身的なリノの奉仕を前にして、
残り数秒も、愚息は自制を保ってはいられないだろう。

リノ
「ぢゅぷ、ぢゅぷぁ、ぢゅるるるっ、ぢゅぷぷっ!」

こちらの限界を感じ取ったのか、
リノは口腔奉仕の速度を上げていく。

リノ
「らして……リノのおくひに……ぢゅぷぷっ、
いっぱいらひてね……ぢゅるるるっ、ぢゅるるるるるッ!!」

強烈な吸引に、一瞬たりとも逆らうことは出来なかった。
リノの口腔内に、喉奥に、大量の精液を注ぎ込む。

全身には雷の如き快感の波が絶え間なく駆け巡った。

リノ
「んぅぅぅっ……んっ……んぷっ……」

飲みきれなかっただろう精液によって、
リノの頬がぷっくりと膨らむ。

微かに責めるような視線をこちらへ向けながら、
彼女はひとくちひとくち、白濁液を飲み下していった。

リノ
「こく……こくん……ぷは……。
だ、出しすぎぃ……」

リノ
「でもそれだけ……
リノのおくちが気持ちよかったって事だよね?」

確かにそのとおりではあった。
しかし、どうしてリノはこんなことを――、

リノ
「――王子のせいだもん」

……俺の?

リノ
「前に……王子が、え、えっちないたずらしてから……」

リノ
「王子とえっちしたいって……そんなことばかり考えて……」

彼女との初めての交わりを思い出す。

確かに、最初の性交は、召喚術の訓練と称して、
俺の方から手を出してしまったのだった。

リノ
「……それから、ずっと変なの。
こんなえっちな子になっちゃったの……絶対王子のせいだよ」

リノ
「だから……だからね、王子」

リノ
「王子は責任とって――」

そうして、リノは先程まで咥えていた肉棒に、
ひとつ口付けを降らしてから、こう続けたのだった。

リノ
「――もっともーっと!!
リノをいーっぱい可愛がってね♪」