ティアル寝室2 シーンテキスト

ティアル
「……ふふっ♪
ついに私も、乗られる側から王子に乗る側になれるんだ……」

そそり立つ剛直の根本を握ると、
ティアルは淫らな笑みを湛えて眼下の俺を見下ろした。

すでに素裸に近い格好となり、
準備万端と言わんばかりに前のめりになる彼女に、
王子ではなく先生だろう、と訂正を促す。

ティアル
「あ……そうだった」

ティアル
「えへへ……先生、
今日も私に、くぐつの操縦が上手くなるように、
オチ○ポでレッスンしていただけますか?」

口ではそう訊ねながらも、
下の口では早くも亀頭を咥え込もうとしている。

俺が苦笑しながら頷くと、
ティアルは嬉しそうに瞳を輝かせた。

ティアル
「ありがとうございます、先生!」

ティアル
「それでは……先生のオチ○ポハンドル、
私のオマ○コで……しっかり握らせていただきますね♪」

淫らな言葉で俺を昂ぶらせながら、
ティアルはゆっくりと腰を落とし、
醜く膨れ上がった肉柱を自身の膣内に沈めていく。

ティアル
「んんっ……く、ふぅ……んんンンン……ッ!」

ティアル
「はぁ、はぁぁ……ンっ……先生、やりました……っ!
私……ふぁっ……先生のオチ○ポ……っ、
一番、奥までぇ……んっ……しっかり、握れましたぁ……っ♪」

根本までずっぽりとティアルの膣内に収まると、
得も言われぬ暖かさがペニスを甘やかしてくる。

このままいつまでも繋がっていたい気もするが、
これはティアルの操縦技術向上のためのレッスンなのだ。

易きに流れようとする己の意志を心中で叱責すると、
俺はティアルに、このままそのハンドルを操って
俺を意のままに操縦してみせろと指示した。

ティアル
「は、はいっ!
それでは今から、王子……じゃなかった、先生を、
私の操縦でイかせて……ではなく、飛ばせてみせます!」

そう宣言すると、
ティアルはおもむろに腰を持ち上げ、
黒光りする男根を濡れた恥唇から吐き出していく。

そして、
亀頭が膣口をくぐり抜ける直前で勢いよく腰を落とし、
再び根本まで深くペニスを呑み込んだ。

ティアル
「ふあぁっ、あっ、すごっ……んんっ、
いつもより……ふぁあっ、深い……んンッ……ですぅ……っ」

ティアル
「はぁぁ……すごい、ですぅ……んぅん……っ、
せ、先生のオチ○ポ……すっごく硬くて……、
気持ちいいとこ……ぁはあっ……いっぱい擦れてますっ♪」

初めての騎乗位とは思えないほど軽快な腰使いで、
ティアルは何度も膣内に肉棒を出し挿れさせて快楽を貪る。

早くも瞳を蕩けさせ、甘い艶声を漏らし始めた彼女に、
乗り心地はどうだ、と冗談交じりに訊ねると、

ティアル
「さ……最高です、先生っ!
先生オチ○ポ……あはぁっ……気持ちよすぎて、
私……も……んんっ……すぐ、飛んじゃいそうですっ♪」

ティアル
「ひぁあっ、あっ、あんッ、はぁああん……っ♪
ダメ……先っぽで、膣中、ズリズリするの、気持ちよすぎて……
んぁっ……らめぇ、腰……んんっ……止まりません……っ!」

ティアル
「あぁぁっ! だ、だめぇっ!
止まって! 止まって~~~っ!!」

突如、ティアルの腰が暴走を起こしたように、
俺の腰の上で激しく上下に跳ねはじめる。

じゅぷじゅぷと濡れた音が断続的に響き、
その淫らさに興奮した愚息が
少女の膣内でビクンと身を震わせた。

ティアル
「ふわぁ、あっ、あんッ……あはぁ、はぁああぁ……っ。
アッ……らめっ、もぉ……んんっ……飛んじゃう、
トんじゃいます……ンンっ……先生、せんせぇ……っ!」

ティアル
「ふぁアッ、あンッ、あッ、あ、ぁ……あはぁああぁぁッ!!」

甲高い嬌声がティアルの口を衝き、
同時に彼女の腰が大きく跳ね上がった。

膣道が激しく収縮し、
奥のものを搾り出そうとするかのような
生々しい動きでペニスを責め苛む。

せり上がってきた射精衝動をなんとか抑え込むと、
俺はティアルに、お前だけ先に飛んでどうすると
叱責を飛ばした。

ティアル
「はぁ、はぁっ……ご、ごめんなさい……っ。
でも……んんっ……こんな気持ちいいの、
ガマンするなんて……無理だよぉ……っ」

言いながらもティアルは、
深く結合したまま腰を前後にくねらせて
更なる快楽を浅ましく求めようとする。

やれやれ、と俺は溜息をつくと、
ティアルの両手を取り、互いの十指を優しく絡ませた。

ティアル
「……ふぇ?
お、おうじ……じゃなくて、先生……」

酔ったように蕩けた瞳を瞬かせて、
ティアルは握られた手をぼんやりと見つめる。

そんなティアルを安心させるために、
努めて柔和な笑みを作ると、
俺は彼女に、もう一度最初からやってみろ、と促した。

ティアル
「で、でも……んんっ……む、無理だよ……っ」

ティアル
「私、さっきイった……じゃなくて、飛んだばっかりで、
だから……いま動いたら、すぐ……んん……っ、
また……ふぁあっ……飛んじゃうからぁ……」

大丈夫だ、と断言して、
俺はティアルの弱音を断ち切った。

ティアルには才能がある。
くぐつを想う気持ちという、誰にも負けない才能が――。
それを操縦に向ければ、俺を飛ばせることも容易なはずだ。

ティアル
「せ、先生……」

ティアル
「……わかりました!
私、次こそはぜ~~~ったいに
先生と一緒に飛んでみせますっ!」

決然とした表情でそう宣言すると、
ティアルは再び寝台に足を踏ん張り、
俺の腰の上で自身の腰を昇降させはじめた。

ティアル
「んふぁ、あっ、あぁん、や……はぁああんっ!
あぁん……オチ○ポ、気持ち、イイれすぅ……っ♪」

ティアル
「せ、先生っ……? どぉ……ですか?
私のオマ○コ……んんっ……気持ち、イイ、ですか……?」

慈しむような微笑をたたえながら、
ティアルは上下の動きにひねりを加え、
腰の動きをより艶めかしいものにしていく。

その扇情的な光景に、
ペニスを巻く刺激の変化が相まって、
再び射精感の波が竿の根本に押し寄せ始める。

ティアル
「えへへ……センセ……んんっ……、
ふぁあ、あぁん……気持ち……イイんですね……?
オチ○ポ、膣中で……嬉しそうに跳ねてますよっ……?」

そう言うティアルこそ嬉しそうだな、と俺が返すと、

ティアル
「はいっ……私、わかったんです……」

ティアル
「くぐつを……んんっ……飛ばせることも……っ、
王子の、オチ○ポを、悦ばせることも……一緒なんだって」

ティアル
「自分が……あんっ……飛びたいだけじゃなくて、
一緒に……ひぁあっ……飛ぼうとする気持ちが……っ、
大事……んンッ……なん、ですよね……先生……?」

ティアル
「はぁ、はぁっ……先生っ、
わ、私……んぁあんっ、先生と……い、一緒に、
い、イくっ……イきたい、イきたいれす……っ!」

ティアル
「で、ですからぁ……あっ、アンッ、ああぁんっ!
イきそうになったら……ガマンなんかしないで……、
私の、オマ○コに……ぜんぶ、射精してください……っ!」

びくん、とティアルの肩が揺れ、
軽い絶頂に達したことがわかった。

それでもなお、健気に腰を振り続けるティアルの姿に
言い知れぬほどの愛しさがあふれると、
いつしか俺は彼女の動きに合わせて腰を突き上げていた。

ティアル
「んぁあっ、あ、あはぁああ……っ!
や、せんせ……んぅんんンッ!
らめっ、奥、ゴンゴンしちゃ……きゃああぁんッ!」

亀頭を叩きつけるようにして執拗に子宮口を責め続けると、
前のめりだったティアルの上体が徐々に後ろへ反れていく。

吐精衝動は既に臨界点を超え、
あとはティアルの絶頂と
タイミングを合わせるだけとなった。

ティアル
「ひゃっ、ひゃめっ、そんにゃ……んんンッ!
しきゅう、突きあげちゃ……や、あ、あぁあアンッ!」

ティアル
「あぁあっ、い、イく、イっちゃ……んんン~~ッ!!
飛んじゃうっ、トんじゃうっ! あ、あ、ぁ…………」

ティアル
「ああぁぁあぁぁああぁあああぁ~~~~~ッッ!!」

一際高い嬌声が火照った夜気を斬り裂くと、
亀頭が爆発したかのような衝撃とともに
濁精が勢いよくティアルの中心に噴き上がった。

ティアル
「ひぁあッ!? アッ、あ……あはぁああぁあぁ……ッ!!」

ティアル
「んぁあ、あ、はあぁ……んぅんッ……う、ウソ……ひッ!?
い、いままでで……いちばん、いっぱいでて……んん……ッ!」

ティアル
「や……だ、めぇ……ひぁあっ、あっ……あぁあ……っ。
せんせぇ……んンッ……わたしのナカ、もうとっくに……、
先生のせーしで……ふぁあっ……満タンですからぁ……っ♪」

うわ言のように呟くティアルの子宮をめがけ、
長々と精を放っていく。

最後の一滴まで注ぎ込み、満ち足りたように溜息をつくと、
それが合図だったかのように、ティアルが胸に倒れ込んできた。

ティアル
「ハッ、ハァッ、ハァッ……んっ、せ、先生……っ」

汗ばんだ乳房を俺の胸に貼りつかせながら、
ティアルは濡れた瞳を切なげに細めて俺を見つめる。

よく頑張ったな、と健闘を讃えると、
その褒美とばかりに、俺は彼女に優しく口づけをした。

ティアル
「んん……んむぅ、ちゅ、ちゅぷ……くちゅっ、
ちゅむぅ……ん、っふ……んんん……ちゅぅ……っ♪」

ティアル
「……はぁ、はぁ……せ、先生……、
どうして……最後、動いてくれたんですか……?
今日は……私が乗る側だったのに……」

乱れた息を整えながら、
ティアルは不思議そうに俺の目を見つめる。

そんな彼女の髪を撫でつつ、
良い乗り手に操縦されると
くぐつも乗り手に応えてくれるものだ、と告げた。

すると、丸く開かれたティアルの口が
少しずつ笑みの形に緩んでいった。

ティアル
「え、えへへ……やっぱり、
私って結構才能あったりしちゃうのかな……
――あいたっ!?」

ティアル
「す、すみません、先生! 調子に乗りました!
私……ひゃっ……は、反省しますからぁ……っ、
そ、そんな……ひッ……乳首、引っ張らないでぇ……っ!」

ならば言うべきことは分かっているな、
と問いながら手を離してやると、
ティアルは背筋をぴんと伸ばし、はつらつとした声で言った。

ティアル
「も、もちろんです、先生!」

ティアル
「今後とも先生のオチ○ポで
ご指導のほど、よろしくお願い致します!」