セフィーレ寝室3 シーンテキスト

セフィーレ
「――んぁああンッ!?
そんな……ぁっ、い、いきなり挿れるなんてぇ……ッ!」

ズブリとペニスを突き入れた少女の膣内は、
未だ前戯もしていないのにトロトロに熟していた。

人が寝ている間に勝手に挿れようとしたのはどっちだ、と
俺はシーツの上に組み敷いた褐色の天使に語りかける。

セフィーレ
「だ、だって……んぅンっ!
さ、昨夜は……三度しただけで、
貴方が……っぁあッ……か、勝手に寝てしまうからぁ……」

つくづく淫乱な天使だ、と囁きながら、
緩やかに腰を揺すって膣道の天井を亀頭で擦り上げる。

恥丘の割れ目から萌える肉芽をくすぐれば、
たまりかねたように膣穴が愚息に吸い付いてきた。

セフィーレ
「――ひゃあアンッ!?
や、らめッ! クリらめぇえッ!
イッちゃ――ぁあッ! すぐ、イってしまいますぅうッ!」

涙目でよがるセフィーレ。
早くも昇天しそうなのは見れば分かる。

イかせてほしいんだろう、と俺が訊ねると、
彼女は一瞬迷った後、イヤイヤと首を横に振った。

セフィーレ
「い……イヤですっ……こんな、見下されたまま、
人間の貴方に……屈服、させられるなんて……っ」

言われてみれば、彼女とは何度も肌を重ねたが、
こうして正常位で交わるのは初めてかもしれない。

そう思うと俄然、この生意気な天使の娘を
徹底的に屈服させて己のものにしたいという意欲が湧いてきた。

セフィーレ
「だ、誰が……んぁっ、あぁんッ……。
ぁ、貴方の……汚らわしいオチ○ポなんかに、
んっ、く……屈服する……ものですかッ!」

殊勝なことを言うが
下の口はヨダレがダダ漏れじゃないか、と
言いながらわざと水音を立てて肉棒を抽挿する。

結合部がぬちゅぬちゅといやらしい音を奏で、
それに気づいたセフィーレが羞恥に頬を赤らめた。

セフィーレ
「ひぁあッ……あっ、あぁあんっ!
ち、違ッ……これは、ぁっ……せ、聖水でしゅっ!」

……なるほど。

つまり俺がいまペニスを突っ込んでいるのは、
聖なる水の湧き出ずる神聖なる泉であったか。

セフィーレ
「は、はいぃ……そうれす、い、泉でしゅっ……。
でしゅから……ぁっ、早く……オチ○ポ抜いてぇ……」

呂律の回らなくなった声で弱々しく懇願するセフィーレ。

いつになく可憐な姿に腰奥がズキンと疼き、
慌ててペニスを引き抜いた途端、子種が驚いたように噴出した。

セフィーレ
「ひゃああぁンッ!?
ちょっ、待ッ――んんぅッ! あ、熱いぃ……ッ!」

飛び散った白濁に乳房や腹を汚され、少女は身をよじる。

やってしまった……と、
中途半端な射精になってしまったことを悔んでいると、

セフィーレ
「こ、こんなに濃いのを中に出されたら、私……」

褐色の肌に付着した白い粘液を見つめながら、
ごくり、とセフィーレは喉を鳴らした。

その反応で期待されていることを知ると、
俺は無意識に肉棒を彼女の膣奥に再度突き立てていた。

セフィーレ
「――んひぃぃインっ!?
い、イヤぁ……ぁッ、ふ、深すぎですぅう……ッ!」

グリッ、と、竿先でコブ状のものを奥へ押し込む感触。

ここに射精されたいんだろう、と囁かれると、
セフィーレは全身をわなわなと震わせて言った。

セフィーレ
「い……いけません、それだけは……っ。
いま、そこに射精されたら……ぁっ、わ、私……」

そういえば普段に増して感じやすいようだな、と
加虐的な笑みを浮かべながら
膣道天井のザラつきを亀頭で抉っていく。

セフィーレ
「んにゃぁあッ! アッ、アッ! はぁああアンッ!
ら、らめっ……ンンッ! そ、そこ、弱いんで――ひぅうッ!」

陰核の裏側あたりの浅い部分を擦り上げてやると、
セフィーレは魚のように身をくねらせてよがった。

セフィーレ
「はっ、はぁっ、はぁっ……ぁっ、あぁああんッ!
ど、どうして……私、なぜ……いつもより感じて……ッ!」

セフィーレ
「ふぁあっ、あっ……はぁああぁ~っ♪
あ……イク、イクッ、イっ――きゅぅうぅんッ!」

ブルブルと身を震わせ、甘い叫びを漏らした瞬間。

俺は全身の動きを停止させ、
ヒクつく膣内に射精したい衝動に間一髪で勝利した。

セフィーレ
「な……なぜ止めるのですか?
もう少しで、い……イけたのに……っ」

見下されたまま屈服させられたくないんだろう、と
意地悪に言い放ち、戯れに乳房を揉んでやる。

セフィーレ
「ふぁっ……んんっ……そんな、胸ばかり……っ。
ひ、卑怯ですっ……早く、イかせなさい……っ!」

ならばもっと、俺が喜ぶようなおねだりをしてみせろ――。

囁きながら、生意気に張り出した乳首を摘んだ。

セフィーレ
「ひッ! んっ……な、なぜ私が……、
貴方を……喜ばせなければならないのですか?」

お前が俺を未だに見下しているからだ、と返しつつ、
少し強めに乳首をつねり、引っ張ってやる。

セフィーレ
「ひぁあッ! い、痛いぃ……ッ!
やめッ……んんッ! お、おねだりしますからぁッ!
ヒッ! も、もぅ……ちくび引っ張らないでぇえ~ッ!!」

大げさに痛がる本人とは裏腹に、
膣が嬉しそうに竿に吸い付いていることは指摘しないでやろう。

摘み上げていた先端を手放すと、
紡錘形に吊り上がった乳房が何度か揺れて元に戻った。

セフィーレ
「ハァッ、ハァッ……んぅ……ッ。
お、おねだりすれば、本当にイかせてくださるのですね……?」

あぁ、と俺が頷くと、
セフィーレは俺に屈しないと宣言したことなど
すっかり忘れたかのように頬を緩めて、

セフィーレ
「あぁ……神よ、お許しください……。
私はもう、この男のオチ○ポに堕ちてしまいました……」

セフィーレ
「貴方がお与えになった、この尊い身体も……、
いまではこの……人間の王子の、オチ○ポ入れですぅ……っ♪」

誰に向かって言っているんだ、と叱責するとともに、
膣奥に深々と竿を突き立て、子宮を直に揺すってやる。

セフィーレ
「ひにゃぁあッ!? お、王子ッ……王子様でしゅっ!」

セフィーレ
「あっ、アッ……あぁあンッ!
おうじひゃまっ、そこッ……ンッ、き、気持ちイイ……っ♪
もっと……んゃあッ! 突いて、奥っ……ズンってしてぇっ!」

肉欲に負けて自尊心をかなぐり捨てた、
哀れな天使の姿がそこにあった。

ヌルヌルと濡れ滑る肉棒に深く刺し貫かれるたび、
激しく身悶えて紅い羽を散らす様が、深い哀愁を誘う。

まさに堕ちた天使だな、と心の中で思いながら、
もっと淫らにねだってみせろ、と声高に命じた。

セフィーレ
「ふぁっ、ァッ……い、イカせてくだひゃい、王子ひゃまぁッ!
ぉ、おねだり、しましゅっ! なんでもしましゅからぁ……ッ!」

半開きの口から桃色の舌を覗かせ、
ヨダレをダラダラと垂らしながら、天使は言った。

セフィーレ
「アッ……おッ……わ、わたひの、カラダは……ッ、
お、おうじさまのッ……オチ○ポ入れでしゅっ……♪」

セフィーレ
「で、でしゅからぁ……アッ、アッ! はぁあアンッ!
きて、くらはいっ……セフィーレの、すけべマ○コに……、
に、人間せーし……ビューって……お恵みくだひゃいぃッ!」

清廉なはずの天使が発した、卑猥極まる言葉。

それが肉体から精神を飛翔させしめ、
気づけば俺は昇天していた。

セフィーレ
「ひぁあッ! アッ――あはぁあああぁああああ~~ンッ!!」

続いて甲高い嬌声が下方で響く。

どうやらセフィーレも無事に昇天できたようだ。

粘つく熱液が尿道を貫いて胎内を侵していく毎に、
徐々に身体が軽くなり、浮遊していくような感覚……。

セフィーレ
「ンぁッ、ハァッ、ハァッ……あぁああぁッ!
む……ムリぃっ……イってりゅ、イ、イってまひゅっ……。
これいじょう、入らな――ひぁっ、アッ、はぁぁあぁ……ッ!」

セフィーレ
「ら、めぇ……ンンッ……おねがい、ひまひゅっ……!
も、ださないで……オマ○コ、コワれちゃ……や、ぁあンッ!」

時折、痙攣したようにヒクつく両脚を抑えつけ、
清浄なる天使に汚濁を注ぎ込んでいく背徳感がたまらない。

紅い花弁を覗かせる結合部が
ブクブクと白く泡立ったのを見届けて、
おもむろにペニスを引き抜こうとすると、

セフィーレ
「ンっ……ま、待ってください……。
もう少しだけ、このまま一緒に……」

すらりと伸びた両脚が巻き付き、
俺の腰を愛しげに抱きしめてきた。

そんなに良かったのか、と含み笑いをしながら訊ねると、
問われたセフィーレは恥じらうように頬を赤らめて、

セフィーレ
「う……」

セフィーレ
「……み、認めましょう。
今日の私がいつもより乱れていたのは事実です」

セフィーレ
「けれどそれは、
屈服されるのが存外に心地よかったとか、
そういうことでは決してありませんから!」

どの口が言う、と俺は笑う。

「なんでもしますからイかせてください王子様」と
泣きながら訴えてきたのは、どこのどいつだ。

セフィーレ
「だ、黙りなさい。愚かなる人間め」

セフィーレ
「……それより、続きはいいのですか?
貴方のオチ○ポ……また私の中で大きくなっていますよ?」

「私は別にしなくてもいいんですけどね」
とでも言いたげに、ぷいと顔を横に向けるセフィーレ。

けれど、隠しきれない期待感は
チラチラとこちらを伺う横目に表れていた。

肉欲に溺れ、堕ちた天使――。

だが、その姿を可愛いと思ってしまっている俺には、
彼女の堕落を批判する資格などありはしないのだった。