スイル寝室1 シーンテキスト

スイル
「ちょっと! せっかくこのあたしが
会いに来てあげたんだから、
もう少し嬉しそうにしたら?」

そうは言われても、寝ようとしていたところを
いきなり寝室に突入されては、嬉しさよりも
驚きが先に来るのは必定というものだ。

スイル
「まぁ、特にこれと言って話があったわけじゃ
なかったんだけどね」

スイル
「たまにはプライベートで王子に
会いたいじゃない?」

ふふんとふんぞり返る彼女に、はぁ、と一つ返事を
返すと、突然スイルがその場で飛び上がり
俺の胸に飛び込んできた。

いきなりのことでバランスを崩した俺は、
そのまま後ろにあったベッドにダイブする形になる。

スイル
「一回でいいから王子と二人っきりになって
みたかったのよね。いつも冷静な王子が
普段はどんな表情をみせてくれるのか……」

そこまで言ったところでスイルが何かを
思いついたように俺の下半身でごそごそし始める。

スイル
「ねぇ、ちょうどいいから見せてみてよ、
このあたしに。普段見せない王子の表情……」

そしてまだ柔らかいままのペニスを取り出すと、
スイルがその指でつぅーっとなぞりはじめた。

びくっと反応するペニスを面白そうに見ていた
彼女は、そのまま口を開けてペニスをくわえ始める。

スイル
「んくっ……ん……」

彼女の小さな口の中に入ったペニスは、
唾液で濡れながら、与えられる刺激に
しだいにその硬さを増していった。

スイル
「ふふ……。もう硬くなってきた……」

その反応をみたスイルは興奮したのか服を着崩し、
その豊満な胸をあらわにさせる。

スイル
「そんなにあたしの体をじっくりみちゃって……。
なに? 王子も興奮してる?」

こちらの反応を楽しむように問いかけてくるスイルは、
再びペニスを口に含むとそのまま吸い上げる。

スイル
「じゅるじゅる……、んんっ、ふ、ぐ……ぅ……、
んふぁ……っ、んっんっ……」

上下に頭を動かし、必死にペニスに吸い付いている。
その舌使いに背中に電気が走ったような感覚になり、
思わず息がこぼれた。

スイル
「王子のその感じてる表情……、
なんだかすっごくエロイね」

スイル
「そこまでの顔されちゃうと私も感じてきちゃう……」

彼女はそういって俺の手を自分の秘部へと誘導する。

そこはじっとりと濡れていて、少しふれただけで
愛液が指にまとわりついた。

そのまま膣内に指を挿入すると、
その圧迫感にスイルが声を上げる。

スイル
「んんんッ……! んは、ぁ……ッ!
あんっ、王子の指で、もっとあたしの中を
かき乱し、てぇ……っ」

指が出し入れされるたびに膣内は収縮を繰り返し、
彼女の舌使いもだんだんと激しいものに変わっていった。

スイル
「ん、はぁああっ……、王子のその表情、
たまらない……、あぁっ、イイ……」

彼女からかかる吐息や、その吸い付きに、
俺自身も息を荒げ、イきそうになる。

彼女の膣内で出し入れしている指の
動きに合わせ、スイルの動きも速くなっていく。

スイル
「ぁあんっ!! そのまま……っ、じゅるじゅるっ……
んふ、ぅ……、イって……いいわよ?
イく顔、あたしに……、んんっ……見せて……?」

その瞬間スイルが思いきりペニスを吸い上げ、
カリを軽く甘噛みした。

その絶妙のタイミングに俺は小さくうめき声を
あげて果ててしまう。

彼女の口内で射精された精液は、
そのまま彼女に飲み込まれた。

スイル
「すっごくいい顔してたね。あんな感じてエロイ
王子見れるなんて、あたしラッキーかもね」

舌で唇をなめつつ、スイルは満足そうに
そう告げる。

膣内から指を引き抜くと愛液が溢れ出し、
ベッドのシーツに染みをつくっていった。