シャオメイ寝室2 シーンテキスト

シャオメイ
「そ、そんなに……まじまじと見られては……っ」

衣服をすべて剥がされ、
あられもない格好となったシャオメイの口から
羞恥の声が漏れる。

シャオメイ
「い、いえ……恥ずかしくなど……っ」

シャオメイ
「つ、土のエレメンタラーたる者、
裸を見られたくらいでは……ど、動じたりはしません……」

動じないと言う割に、
寝台に仰向けになったシャオメイの両手は
乳房の頂と股間を必死に覆い隠している。

手を退けなければ挿れられないだろう、と苦笑しつつ、
俺はいきり立った牡棒をズボンから引きずり出してみせた。

シャオメイ
「――ひゃッ!? お、大きい……っ!」

局所を覆う手を、思わず顔へと持っていくシャオメイ。

それを好機に、
俺は閉じようとするシャオメイの脚を開き、
興奮に濡れる蜜穴に肉槍をズブズブと挿し込んでいく。

シャオメイ
「あ……ぁあああッ! ひぅっ、ん、んんん……ッ!」

竿の先に感じた薄い抵抗感を突き抜けた直後、
秘めようのない叫びがシャオメイの口を衝いた。

シャオメイ
「お、奥に入って……くっ、ふぁ……ぁああぁあッ!!」

愛液に入り交じった破瓜の血が、
彼女が処女だと告げている。

だというのに、
シャオメイの顔に浮かんでいたのは恍惚の表情だった。

シャオメイ
「す、すみません、はしたない女で……」

シャオメイ
「ですが……ンっ……、
こ、この快感に……耐えられるようにならなければ……っ、
土の……く、ふぅんっ……エレメンタラーとしての威厳が……」

大地のように何事にも動じないことを旨とする
土のエレメンタラーとして、愛撫だけで乱されてしまった
前回のことは相当悔しかったらしい。

だからシャオメイは、
今度こそ心を乱されまいと誓って
俺に抱かれに来たのだと語っていた。

だが、そんなシャオメイの意志とは裏腹に、
すでに彼女の膣内は
快楽を求めて竿に吸い付き始めている。

シャオメイ
「やっ、ああっ……す、すごいっ、
王子の、モノが……私の中で、暴れて……ぁああッ!」

ぐちゅり、ぐちゅりと音を立てて内壁をえぐるたびに、
シャオメイは白い腹を波立たせて激しく身悶える。

シャオメイ
「ふあぁっ、あっ、やああぁ……っ!
すっ、すごすぎてぇ……っ、
あ、頭がビリビリ……んあぁあっ!」

シャオメイ
「ま……また身体が、おかしくなって……!
ひゃ……んんっ、んぁ、あ、はぁああっ……!」

シャオメイ
「はああっ……んぁあああっ……
だ、駄目っ……そんなに激しく貫かれると……
はぁあっ……わ、私……わたしぃ……っ!」

淫らに喘ぐ彼女の表情に、痛がるような色は見られない。

押し寄せる快楽の波が、破瓜の痛みを凌駕しているらしい。

シャオメイ
「っ……やあぁああっ、ち、乳首ィ……ッ
ひゃあんっ……ち、乳首、
口の中でコリコリしないれぇ……ッ!」

シャオメイ
「ふぁああんっ……! やっ……はぁああっ!」

硬く勃起した乳首に、
俺は何度も丹念に舌を這わせ続ける。

そうする度に、彼女の口から興奮の声が漏れてくる。

シャオメイ
「んはぁ……ッ、や、ああっ……!
ま、待って……そこは今、敏感だから……、
んっ、ふぁ、あ……あはああああぁっ!」

物欲しげに頭をもたげた肉芽を指で愛でると、
シャオメイはより強い快楽を得ようとするかのように、
激しく腰をくねらせる。

そのことを耳打ちしてやると、
シャオメイはびくりと肩を震わせ、
まさかといった表情を浮かべた。

そして自分でも気が付いたのだろう、
秀麗な相貌に肥大化した羞恥心が如実に浮かんだ。

シャオメイ
「やあっ、んんぁっ……!
うそ……そ、そんなこと……っ、
や、ふぁあっ、あ……はぁぁああんっ……!」

シャオメイ
「あっ、くぅぅ……だ、だめぇ……っ!
腰が……腰が勝手に動いてっ……
止まらなっ……はっ、あぁんっ!!」

シャオメイ
「んぁあ……くっんうぅ……っ、
っく、はぁぁ……こ、こんなの知らないぃ~ッ!」

シャオメイは艶めかしい息遣いをしながら、
同時にそのことを恥じているようでもあった。

そんな彼女の耳元で、俺はある言葉を囁いた。

シャオメイ
「なっ……か、可愛い……!?
そ、そんなこと……んんん~~ッ、
こんな……オチ○ポ、ズポズポってされながら言われたら……っ」

シャオメイ
「王子は、本当に……ん、んぅっ……ず、ズルいですぅ……っ。
わ、私は……んぁあっ、他のことでは、絶対に……
動じることは……ないんですから……っ!」

シャオメイ
「だ、だから……ぁ、あぁん、んぁあぁンっ……、
こんな……は、はしたない姿をみせるのは、
王子が……んふぅっ……はじめて、なんですから……っ」

シャオメイはそう口にすると、
うっとりと目じりを緩め俺を見つめる。

そんな彼女のいじらしさに、身体の芯から熱が灯る。

愛おしい彼女をもっと近くに感じるため、
怒涛の勢いで腰を打ち付けた。

シャオメイ
「はっ、あぁあ……んっ……はあああっ……イイっ!
王子、おうじ、おうじぃ……っ! そ、そこ……っ、
も、もっとっ……はっ、あぁあああん……っ!」

シャオメイ
「んぅっ、はああぁっ、……も、もっとぉ、
もっと突いてぇっ、おうじぃっ……ひぁああんっ!」

シャオメイ
「いまは、いまだけは……っ、
私を……めちゃくちゃに、してぇ……っ!」

タガの外れた甘い要求と
魅惑的な眼差しを向けられ、
ぞくりと、背筋に快楽の痺れが走る。

俺はシャオメイを悦ばせたい一心で、
さらに抽挿を速め、膣内の奥深くへと肉棒をねじ込んでいく。

シャオメイ
「あぁんっ、ああっ、ひぁあああっ!
王子のが、私の奥にっ、子宮に当たって……んぁあっ!」

シャオメイ
「あひぃっ、あっあっ、イイっ!
グチュグチュってえぐられて、王子のオチ○ポ、
んぁっ……すごく、気持ち……イイっ!」

シャオメイ
「はっ……あんっ、んんっ、ふぁあっ!!
き、気持ちよすぎて……あ、あれが、クる……!
またっ、またっ……き、キちゃううっ……」

断続的に震える股の奥から、
今にも潮が吹き出そうだった。

絶え間なく湧きだす愛液を潤滑液に、
俺は抽挿速度をさらに加速させて
肉棒を膣奥へと打ち付けていく。

シャオメイ
「ああっ、も、もうっ、ダメ……
目の前が真っ白にっ……ひんっ、ああッ、ああァッ!」

シャオメイ
「んっ、あひぃあああッ!
ああっ、イクイク、イックぅうううう――っ!」

ひときわ高い嬌声と同時に、
強烈な締め付けに襲われ、俺の肉竿が限界を迎える。

濁りを帯びた液体が竿の先からほとばしり、
あっという間にシャオメイの内部を埋め尽くした。

シャオメイ
「ふぁ、あ……ぁあああ~~っ!
子宮に……熱いのが……んんんッ……、
王子の……あぁぁ……せ、精液が……っ!」

シャオメイは浮かせていた腰をもう一度びくんと跳ね上げて、
やがて力なくベッドに横たわった。

立て続けに絶頂に至った彼女の瞳には、
淫らな満足感が浮かんでいる。

シャオメイ
「んぁ、あっ……はぁ……はぁ…………」

シャオメイ
「し、知りませんでした……人との交わりが、
これほど心を乱すものだったなんて……」

呼吸を整えながらそう漏らすシャオメイ。

次第に普段の落ち着いた雰囲気を取り戻しつつあったが、
彼女の表情の奥深くには、甘く余韻めいた悦びがうかがえた。

シャオメイ
「……いえ。愛する人との交わり、と。
そう言った方がいいのかもしれませんね……」

こちらを試すようにそう言うと、
ほんの少しだけ表情を緩める。

落ち着きと余裕をもったその表情は、
俺が良く知る普段のシャオメイそのものだが、
それでいてどこか柔らかく、親しみを感じさせるものだった。

と、そこでシャオメイはわざとらしく咳払いして、
俯きがちに、俺の表情をうかがった。

シャオメイ
「……しかし、
やはりこれほど心を乱されてしまったとなると、
自分で自分が許せません……」

シャオメイ
「土のエレメンタルと心を通じ合わせるには、
いかなるときも冷静でなければなりませんから……」

シャオメイ
「だからその……、
今後も……こういうことをして頂けませんでしょうか?
も、もちろん、心の平静を保つ練習としてですが……」

シャオメイの控えめな誘いに、
喜んで付き合おうと快諾し、
その柔らかな頬に優しく口づけをする。

シャオメイ
「……ふふ、そうですか。それは……楽しみですね♪」

シャオメイはあくまで平静を装いながらそう言いつつ、
しかし確かに、頬を赤く染めたのだった。