シャオメイ寝室1 シーンテキスト

シャオメイ
「ちょっ、ちょっと待っ……ひゃあぁっ!?
お、王子……っ、いったい何を……っ?」

衣服をずらして豊満な胸の膨らみを露わにすると、
シャオメイはいつになく狼狽えた表情で背後の俺を見上げた。

そのまま背後からまろやかな双丘を鷲掴みにして、
吸い付くような乳肌の感触を指で存分に味わう。

シャオメイ
「っは……んぅぅっ……お、王子ぃ、
本当に一体、なんのつもりなのですか……っ?」

俺の腕から抜け出そうともがくシャオメイ。

その耳元で俺は、
心が乱れているのではないか、と意地悪く囁く。

土のエレメンタルたちと心を通わせるには、
彼らのように物静かで、余裕のある心を持つ必要がある――。
そう言ったのはシャオメイだったはずだ。

シャオメイ
「た、確かに……ん、んぅうん……っ、
どんなことがあろうと……心を乱したりはしないと……、
申し上げ……んんンっ……ましたが……っ」

シャオメイ
「で、ですが……ふぁ、ぁ、あぁあん……っ、
こ、このような……破廉恥なことをされては……、
あ、ふぁぁ、あぁあンッ……」

柔らかな乳房を緩急をつけて楽しむように揉んでいくと、
戸惑う彼女の言葉尻に、段々と色が付いていった。

シャオメイ
「い、いい加減にしてください……っ!
いくら王子とて、やっていいことと悪いことが――」

シャオメイ
「ひゃうぅんっ!
す、すみません……っ、生意気なことを言って……、
後生ですから……ぁ、あぁん……お、お慈悲を……っ」

イヤイヤと首を振るシャオメイに、
もう限界なのか、とあえて呆れたように訊ねる。

シャオメイ
「そ……そんなわけはありません!」

シャオメイ
「さ、先にも申し上げたとおり……っ、
土のエレメンタラーの……あぅぅッ……し、資質は、
どんなときにも……お、落ち着きを崩さないこと……っ」

シャオメイ
「これしきのことで、心を乱されていては……っ、
ふぁ、あ、ぁああんっ……つ、務まりませんわ……っ」

気丈に振る舞うシャオメイだが、
その肢体はすでに快楽の渦に呑み込まれつつあるようだった。

その証拠に、胸の突起が痛々しいほどに硬くなっている。

責めてくれと言わんばかりの桜色を見て、
俺は指先を滑らせて弾いたり、コリコリと弄び始めた。

シャオメイ
「あっ……だ、だめ……そこを弄られると……んんっ、
やっ、やぁんっ……あ、頭が痺れて……っ」

途端にシャオメイの口から甘い嬌声が漏れだす。

シャオメイ
「……ひッ!? つ、摘むのならいいかって……っ、
そ、それもダメに決まって……んんんぅっ!」

シャオメイ
「はぁ……はぁ……ん、んんん~~っ!」

シャオメイ
「ち、違います……っ!
そんな強くつねられて、感じてなど……っ」

シャオメイは必死に声をあげるのを我慢しているようだったが、
その潤んだ瞳には、快楽の炎にほだされつつあることが
はっきりと映り込んでいる。

そろそろ頃合いだろうと判断した俺は、
シャオメイの長衣の裾をたくし上げると、
下着の奥に潜む彼女の秘部へと手を滑り込ませた。

シャオメイ
「――ひゃうぅぅううんンッ!?」

普段ならば決して発することのない、
奇妙に裏返った悲鳴をあげるシャオメイ。

シャオメイ
「ま、待って、王子……ひッ!
そ、そこは本当にっ……ん、んんぅん……、
私の……んぁあっ……だ、大事なとこだからぁ……っ」

シャオメイ
「ひあああっ……やぁっ……っ、ああぁっ!
ゆ、指が……んんッ……ナカを、かき混ぜて……っ」

シャオメイ
「はあぁぁっ……、
そ、そんなにグチュグチュってされたらぁ……、
んぁ、あ、あああぁぁ……っ」

熱を帯びた秘肉はトロトロに濡れそぼり、
指先を少し動かすだけで
くちゅくちゅと卑猥な水音が響く。

シャオメイ
「わ、わたしっ……こんなの知らな……んひぃっ……!」

シャオメイ
「ダ、ダメぇ……そ、それ以上イジられたらぁ……、
も……もう、足腰が……んぁ、あ……はぁぁん……っ!」

ふいにシャオメイは膝を細かく痙攣させながら
俺にしなだれかかってきた。

そうしながら、快楽の奔流に耐えようとしているのか、
ぎゅっと俺の腕にしがみ付いてくる。

どう見ても心を乱して快楽に喘いでいるシャオメイに
そのことを伝えると、
彼女は恥辱に頬を赤らめながら頭を振った。

シャオメイ
「ち、違ッ……それは……勘違いというもので……っ、
ん、ふぅぅんっ……こ、これしきのことで……
私が、乱れるはずが……んあぁっ、ぁあっ……」

シャオメイ
「や、やめて……ンんっ……い、イキそうかなんて、
そんな……は、恥ずかしいこと……ふぁ、あぁぁん……、
聞いちゃ……あ、あぁあん……ダメ、ですぅ……っ!」

艶高い声で懸命に抵抗されるほどに、
苛虐心がより大きく、硬く膨らんでいく。

俺はもう我慢ならないと、硬く反り立った肉竿を
薄い布越しに彼女の尻に押し付けた。

シャオメイ
「ひぅんっ!? ……な、なに……?
お、お尻に……んんっ、な、何か当たって……っ?」

シャオメイ
「……あ、熱っ!
……それに、この硬さは、まさか……ッ!?」

それが何なのか気が付いた途端、
シャオメイは身体を大きく揺さぶって抵抗を始めた。

シャオメイ
「やぁぁあんっ……!
だ、ダメ、王子……んんぅっ、そんなの、押し付けちゃ……
や、あぁっ……ひゃあぁんっ!」

この機を逃すまいと、
俺は彼女の蜜穴に入れた指を
より奥深くへと侵入させた。

その途端、シャオメイの身体が跳ねるように大きく反応した。

シャオメイ
「ひゃあぁあああんっ……!
だ、ダメぇ……そ、それ以上は、イっちゃ……うぅんンッ!
あっ、ああッ、ああぁ……お、おかしくなるぅぅ……ッ」

シャオメイ
「あああっ……ひぁあっ、ああん……
か……勝手に腰が、んぁあっ、浮いてきて……」

シャオメイ
「だ、ダメっ……何かキちゃう……、
これ以上……ンふぅんんッ……
アソコ、グチュグチュされたらぁ……あ、あ、ぁああんっ!」

シャオメイの腰が小刻みに震えだし、
絶頂が近いのだと知らせてくれる。

シャオメイ
「あっっ、ああッ! あぁんッ!
そ、そんな……はげしく、されたらぁ……んんッ、
も、クる……キちゃう……あッ、あぁあッ、ああッ!」

かつてないほどの快感を味あわせてやりたくなり、
俺はシャオメイの絶頂の瞬間に合わせて
腫れ上がったクリトリスをギュっと思い切り摘んだ。

シャオメイ
「ひぁッ! あ、あぁッ……ああぁぁああ~~ッッ!!」

シャオメイの腰が激しく痙攣し、
続いてビクンビクンと、のたうつように跳ね上がった。

いつしか彼女の足元には、
肉壷からはしたなく垂らされて出来上がった
愛液の水溜まりが広がっていた。

シャオメイ
「はっ……はぁぁ……んんっ……ふぁあ……」

シャオメイ
「……も、もう……立って……いられ、ない……っ」

絶頂を迎えて力尽きたのか、
シャオメイが力なく崩れ落ちかけたのを、
慌てて両手で支えてやる。

するとシャオメイは、俺の腕をぎゅっと掴み返してきた。

情愛に濡れた瞳が、こちらを向く。

シャオメイ
「ふぁあっ……お、王子ぃ……♪」

彼女はトロンとした目でしばらく俺の顔を見つめていたが、
その後、はっとしたような表情を浮かべ、
慌てて俺の腕から身を離した。

シャオメイ
「……わ、私はなんという醜態を……」

足下の床に広がった自身の快楽の証を
呆然と眺めるシャオメイ。

だが、しばらくすると彼女はふいに顔を上げ、
うるうると潤ませた瞳で
すがるように俺を見つめながら言った。

シャオメイ
「……み、見なかったことにしていただけますか?」

そんなシャオメイの姿の中に、
俺は普段の彼女が努めて抑えているのだろう、
可憐な乙女の一面を垣間見るのだった。