アイーダ寝室3 シーンテキスト

アイーダ
「どうした? アンタのチ〇ポ、私の中にいれないのか」

寝具に身を預けたアイーダは不思議そうに俺を見てくる。

アイーダ
「アンタだって、興奮してるんだろ。
今日もいっぱいして、私をめちゃくちゃにしてくれよ」

大きく股を開き、彼女は恥部を晒す。
見下ろしたアイーダの淫唇は濡れそぼり、
行為への期待に小陰口は小刻みに震えていた。

興奮は高まり、彼女は情欲の瞳を向けてくる。
その欲望に応え、俺はペニスを淫口に突きつけた。

アイーダ
「んっ……その気になったんだな……あ、あぁ……
チ〇ポ、入ってきてるっ、あぁ……っ」

アイーダ
「こ、これだ……んんっ、はぁ……チ〇ポ、待ってた……っ、
はぁ……私の中、抉られて……っ、きもち、いいぞっ」

彼女の膣ヒダに先導され、
俺のペニスは滑らかに奥へと入っていく。

アイーダ
「っ、っ、んんっ! はぁ……全部入ったな……っ、
いいぞ……アンタで私をいっぱいにしてくれ……」

俺が動き出すよりも先にアイーダは腰を動かし、
ペニスを刺激してくる。

アイーダ
「んっ……どうした……っ、気持ちよくなりたくないのか……っ
いつもみたいに……あぁ、あっ……激しく求めあって、
いっぱいしよう……っ」

高まりかけたアイーダの興奮に水を差すようにして、
俺は両手を伸ばし、彼女の動きを制した。

アイーダ
「……なんだ、んんっ、腕で押さえられたら、動けないだろ」

行為を途中で止められ、不満を述べてくる彼女に
俺はふと思いついたことを伝えた。

アイーダ
「……今日はゆっくりして、お互いを感じあいたいのか?
でも、それじゃ、あまり気持ちよくなれないだろ」

更に不思議そうな表情となったアイーダに
俺はゆっくりと腰を使い、膣内をペニスで押し上げる。

アイーダ
「んっ、ぅん……本当にゆっくり……んっ、するんだな……っ、
アンタがそうしたいなら……っ、構わない……けど……あぁ、
なんだか……こそばゆいな、これは……っ」

アイーダ
「チ〇ポっ、何度も入ってきてるのが……っ、んっ……
分かって……っ、アンタに満たされてるって、感じて……あぁ、
いつもと違っ……んっ、はぁ……っ」

一定の間隔で彼女をペニスで攻め立てていく。
緩やかな行為は不慣れなのか、
アイーダは静かな快感に身を震わせていた。

アイーダ
「だ、だめだっ、こんなにゆっくり……っ、んんっ、
優しくされたら……っ、私っ、アンタを感じすぎて……っ
あ、あぁ……どうしていいのか、分からなくなる……っ」

アイーダ
「こ、これ……な、なんなんだ……っ、き、きもちいい……っ、
いつもと違って、きもちいいのが……っ、違うっ」

アイーダ
「頭の奥から……あぁ、広がってくる……
な、なんだ……これはっ……し、知らないぞ、私は……っ」

アイーダ
「っ……あぁ、あぁ……っ、んんっ、は、激しくないのに……っ
き、気持ちいいっ……な、なんだ……どうして……っ、んっ!
あ、あぁぁ……っ、いいっ」

普段とは違う感覚にアイーダは戸惑っているようだ。
そんな彼女の反応をひとつひとつ確かめながら、
俺はペニスで膣壁を擦り、快感へと導いていく。

アイーダ
「ふあぁあ、あっ、んっ、んん……っ、ち、チ〇ポっ、
感じすぎる……っ、あ、あぁ、あっ……王子、だめだ……っ、
こんな優しいのはだめなんだ……っ」

アイーダ
「もっとっ、もっとっ、激しくしてくれないと……このままじゃ、
わたし、王子に溺れて……っ、アンタだけに……あ、あぁ……っ
アンタだけにされちゃうっ!」

ゆっくりと肌を重ねているが、彼女の興奮の高まりを感じていた。
熱く絡みついてくる膣壁からペニスを引きはがすように抜き、
窮屈な膣口をこじ開けていくことに快感を覚えていた。

アイーダ
「も、もうなにもっ、考えられなくっ、んんっ……っ、
なって……っ、あ、あぁぁっ、んんんあぁ……あっ、
も、もうアンタしか、み、見えないっ」

アイーダ
「アンタもわたしだけに、んんっ、あ、あぁあぁ……っ
っ、あ、あっ、わたしだけになって……くれっ!」

快楽に耐える彼女の問いに頷き、
俺はより快楽を引き出すため、行為に没頭していく。

アイーダ
「いっしょ、いっしょなんだなっ、あ、あぁ……っ、んんっ!
うれし……うれしいっ! もっとわたしだけになって……っ、
あ、あぁ……っ、ふぁああっ、あぁぁあっ」

アイーダ
「このまま……きもちよくなってくれぇ、わたし、いつ……っ
イってもっ、おかしく……っ、ないっ! あ、あぁ……っ、」

アイーダ
「あっ、んん、王子の優しいチ〇ポ、きもちよすぎてっ、
ふああ、あっ、ああぁ……っ、がまんできなく……あぁぁっ!」

重ね合わせた秘部の反応から限界が近いことに気づき、
俺たちはより強く体を密着させていく。

アイーダ
「いいぞっ、このまま、さいごまで……んんっ、あぁあっ、
きて……きてくれっ、ナカにっ、いっぱい射精してくれぇええっ」

腰の速度は変えず、半分ほどペニスを引き抜き、挿入する。
俺は彼女の奥を何度も叩き、駆け上ってくる快楽に身を任せた。

アイーダ
「ふくらんでるっ、チンポっ! 精液あがってきてる……っ、
ああ、そのまま……っ、ああぁぁああっ、だして……っ!」

アイーダ
「っ、あぁ、あっ! わたしのおくでっ!! だしてぇぇえっ!」

彼女の膣ヒダがペニスを咥えこみ、吸いたててくる。
射精を促す膣の動きに耐えきれず、俺は欲望をぶちまけた。

アイーダ
「でてるっ……あ、あついのマ〇コのおく、んっ、でてるっ!!
お、おうじのせいえきっ、おく、たたいて……っ、あぁぁっ、
わたし、わたしっ、もも、あ、あぁぁっ!」

アイーダ
「わたしもイク、イっちゃ……あ、あぁああぁ……っ!!」

アイーダ
「あぁ、あぁ、ぁぁああぁあああぁあぁーーーーっ!!!」

大きな声を上げ、絶頂を迎えたアイーダは
何度も体を震わせ、短く嬌声を漏らしている。

彼女の震えに連動し、膣ヒダも俺のペニスに絡みつき、
残りの精液も膣奥へと吸い込まれていった。

全ての精を出し終えた疲労感に俺は体を保つこともできず、
そのままアイーダに覆いかぶさった。

アイーダ
「……全部、でたんだな……っ、はぁ……」

俺の体を受け止め、アイーダは満足そうに微笑んでみせた。

アイーダ
「こんな風に求めあうこともできるんだな……
いつも以上にアンタをつよく感じられた……」

アイーダの唇を奪い、俺もだ、と告げると──。

アイーダ
「そうか……よかった……」

と、安心したように微笑んで瞳を閉じ、
静かな寝息を立て始める。

そんなアイーダの寝顔を
穏やかな気持ちで見つめながら、
俺も彼女の傍で、眠りに落ちていくのだった。