リン寝室1 シーンテキスト

柔らかな腿肉を押し上げると、
ピンク色の綺麗な入り口が顔を出した。

リン
「ちょっ……そんなに開いて……
恥ずかしい、でしょっ……」

口では恥ずかしいと言いながらも、
抵抗する力は弱々しい。

たっぷりと前戯を行ったため、
そこはてらてらと濡れそぼっていた。

もういいだろうと、ペニスを膣口に
ちゅぷりとくわえ込ませる。

リン
「っ! あっ、あ、あっ!
い、痛いっ……!」

処女ということもあってか、
膣内は非常にきつくて締まりがいい。

リン
「ん……んん……」

初めての感覚に怯えるように、
リンは堪えている。

ぎゅんぎゅんに迫ってくる膣壁を
ペニスで少しずつ開発してやる。

リン
「くぅ! ん、はぁ! い、いた、ひっ、
あっ、だめ、それ以上、進むのはぁ……」

開通の痛みを訴えつつも、
リンの表情は悦に浸っている。

白い太ももがふるふると震え、
二つの豊満な乳の向こうには
リンの端正な顔立ちが紅潮していた。

リン
「あっ、王子っ、痛い、い、いた、あぁ、
やだっ、へ、ヘンに、ヘンになっちゃうぅ!」

リンは全身をぷるぷると痙攣させ、
目を固くつむってペニスを受け入れていく。

リン
「ふっ、くぅ……っは! い、いた……あっ」

やがてペニスを根元まで迎え入れ、
リンの膣壁の全てがそれに吸い付こうとする。

リン
「んっ、王子のっ……きてるっ、私のっ、
なか、にぃ……」

膣内でペニスがゆっくりと動き出す。

リン
「くぁ! う、動い、てる……やっ、ひうぅ」

眉がハの字になり情けない声を出している。

リン
「んは……こ、こんなの、いや、だ、あ、
あ、頭が……おかしく、なっちゃ、うぅ」

ぎちぎちに締めつける処女の膣が、
リズムよく動く肉棒の全体を
奥へ奥へと誘おうとする。

リン
「あ、ぁ! あっ、あっ、しゅ、しゅごい!
こんあの、しゅご、しゅ、ぎ、みゃあああ!」

舌足らずで淫らな音色が鳴り響く。

ペニスがそれに応えるべく、ごりごりと
リンの体内をさらに貪ろうとする。

リン
「ひ、あぁ! だめっ……そんなこと、したら……
私、私……こわれひゃうぅぅ!」

リンの喘ぎ声に反応して、
膣がさらに肉棒を締め上げた。

四方から圧力をかけられたペニスが、
欲望を解放させようとして膨張する。

リン
「んんっ、あっ……も、もうだめっ……
王子っ、私、おかひく、なるっ、くぁぁ!」

フィニッシュに向けてリンの声が裏返る。

白い柔肌がいやらしく震え、
快感に溺れていくのが分かった。

リン
「あ、あっ……い、あ、わっ、わっ……
あ、ああ、んああああああああああ!!」

処女膜を破った少女の声が響く。

リン
「っ……はぁ、は、お、王子ぃ……」

行為を終えたリンの瞳は、
今まで見たことのないような
妖艶な色をしていた。

乱れる呼吸と一緒に、豊かで肉付きのいい
乳房がふわふわと小さく揺れる。

リン
「私……王子と、む、結ばれたの……ね?」

淫らな息づかいから紡がれた言葉の中には、
大きな喜びの色も含まれていた。