アザミ寝室3 シーンテキスト

アザミ
「はぁんっ! くぅ、ふぅぅっ……そんな、いきなり……、
激しすぎます、王子ぃぃっ!!」

背後から抱きしめられながら、
アザミは後背位の体勢で俺の肉棒をその秘部に
ずぼずぼと突き立てられていた。

アザミ
「やぁあぁんっ、んんっ、ああっ、ああああん!!
こんな、犬猫のような体勢で、はしたないですぅっ!」

嫌がる言葉を吐きながらも、
彼女の淫裂からは止めどなく愛液が零れ、
ベッドに卑猥な染みを形作っている。

上級忍者といえど、
このように後ろから男根を頬張ってよがっているようでは、
東方の神秘である忍も高が知れるな、と俺は彼女に囁く。

アザミ
「そ、そんなぁっ――くはぁぁんっ!! うぅっ、ああんっ!
許して、くださいぃぃっ……こんなに、ひぃぁあんっ……!
感じてしまう私を、んんっ、許して、ゃあああぁんっ!!」

ぱんぱんと豊満な尻に腰を打ち付ける度、
彼女の嬌声が淫らな唱和となって部屋に響く。

その甘美な光景と旋律に情欲が途方も無く膨れ、
証拠とばかりに俺のペニスはどこまでも硬く反り返っては、
彼女の雌肉をぐちゃぐちゃとかき回すように暴れた。

アザミ
「ひぐぅっ、ぅああっ、あああんっ、あぁぁっ……、
また、大きくっ、硬くなってっ、ゃああんっ!」

いやいやと首を振るアザミが、
俺から離れようとわずかに腰を引こうとする。

だが、俺が逃すはずもなく、
二度とそんな気を起こさぬようにと、
アザミの引き締まった腰を掴んでそのまま持ち上げた。

アザミ
「ひゃぁああんっ!!
奥に……すごく奥まで入ってぇっ……ああっ!
あっ、ああっ、あああああンッッ!」

俺の腹に尻を置かせ、両膝で以てその太ももを固定し、
がんがんと下から勢いよくペニスを突き上げると、
アザミはたまらず悲鳴のような声をあげた。

アザミ
「んんっ、んぁっ、はぁっ、ぁああっ、ゃああんっ!!
こんな、せめられたら……ぁあっ、はぁんっ……、
すぐに……すぐにひぃぃぃっ、イク、イッちゃいますぅぅっ!」

自らも腰を動かし始めたアザミは、
既に寡黙な忍の仮面を放り出して
一匹の雌へと転身してしまったように乱れた。

彼女の激しい変わり様に俺の方も興奮が倍加し、
後ろから思い切りそのばかでかい乳房を掴み、
蹂躙するように揉みしだいた。

アザミ
「ふぁああんっ、んぁっ、ああんっ!!
そんな、乱暴におっぱい触らないでくださいぃっ!
はぁんっ、んんっ、だめぇっ、気持ちよすぎますぅぅぅっ!!」

胸の愛撫を開始した途端、彼女の膣壁が狭まり、
陰唇が男根を愛おしそうにきつく咥えては、
ぐっぽぐっぽと淫らな音をたてる。

どこをついても感嘆の甘い溜息が零れるほどに
彼女の膣内は気持ちよく、亀頭が痺れきったように
びりびりと快楽に溶け、そのまま身体中を電流が駆け巡っていく。

アザミ
「やらぁっ、もういやれすぅっ……くはぁああんっ!!
また、またイっちゃってますぅっ、ぅぅっ、ふぁあんっ!!」

がくがくと太ももを震わせて、
反りきった背中でもって絶頂を伝えるアザミだったが、
そんなことはお構いなしに下からの肉槍で彼女を穿つ。

気づくと、掴み上げている双乳の先端から、
あたたかな汁が漏れ出し、それが母乳であることを知ると、
俺はさらにきつく乳首を絞り上げた。

アザミ
「らめですぅぅぅっ!! こんにゃ、こんなにいっぱいぃぃっ!!
母乳出ちゃって……ああっあああんっ!! 見ないでぇっ!
こんな姿ぁ、見ないで下さいぃぃっ、やぁああんっっっ!!」

長く美しい髪を振り乱しながら、懇願に近い嬌声を上げるが、
それすらも愛おしく感じると、より彼女を乱れさせ、
その心根を我が物にせんと逸物が猛り、苛烈な抽挿を繰り返す。

アザミ
「あぁああっ、ああつ、ふぁあっ、はあああんんっ!!
もう限界れすぅっ、おかしく……おかひくなるぅぅっ……!!
このままじゃ……んんっ、ぁっ、おま〇こ、こわれちゃいますぅ!」

涎まじりに力のない喘ぎを零すアザミだが、
淫らな破滅もいとわないといった様子で、
その魅力的な下半身がペニスを咥え込んで離さない。

すると、突然彼女の膣中が、
敵の息の根を止めるような勢いで締め付けを増し、
苦しいまでの刺激で以てペニスを襲い始めた。

アザミ
「あはぁっ、ああぁっ、ぅああっ、
ああっ、ああっああああんっ!!
王子ぃ、おねがいれす、もうイッて……イッてくださいぃぃっ!!」

アザミ
「わたひの中ぁっ、好きにして良いですから……ああっ、あぁンっ!
王子の精液、いっぱい、いっひゃい出ひて、いいれすからぁぁっ!!
お願いれすぅっ、んはぁんっ……もう射精してくださいぃぃぃっ!!」

そこまで言うなら望み通りに、と
俺は最後の激しさを腰の動きに加え、
狭まりきったアザミに雌穴に盛大に精液を吐き出してやった。

アザミ
「ひゃぁあああンンン~~~~~~~っ!!!
精液、きたぁぁっ!! 熱ぃのが、なかでいっぱい……んんっ……、
いっぱい溢れてますぅぅぅっ……ああっ……あぁあ、ふぁ、ぁぁ……」

射精しながらも何度も何度も彼女の膣中の天井を
穿つようにペニスを突き上げると、
ふいに、ぷしゃあぁっ、と派手にアザミの淫裂から飛沫が上がった。

アザミ
「ひぁああっ、ああっ、や、やらぁぁっ、ぅぅぁあんっ!!
ごめなさいぃっ……イクの止まらな……とまらないんれすぅっ!
射精されながら、おち〇ぽ突かれて、イっちゃってますぅぅぅっ!!」

艶声と共に愛液と母乳と涎と涙を盛大にまき散らしながら、
アザミがただ雌としての自分を世界に知らしめるように、
何度も何度も潮を吹いてはよがった。

互いにもう一滴の性欲も吐き出すことはできないとばかりに、
ぐずぐずと抱き合うと、力なくベッドへと身体を放りだした。

アザミ
「はぁ……あはぁ……はぁ、んんっ……王子ぃ……ああっ……」

普段の彼女からは想像もつかないほどの
甘えた声音で言葉を紡ぐアザミが、
妙に愛おしく感じる。

アザミ
「こんなに……気持ちよくさせて……私を、くるわせて……、
どうなさる……おつもりなのですか……」

困ったような微笑が
ただひたすらに美しい。

アザミは俺の腕に抱かれながら、
薄く開いた目差しを向けて囁く。

アザミ
「アザミは……もう王子なしでは……生きていけませぬ……、
ずっと……あなたのそばに……お仕えさえて……ください……」

首肯の代わりに、
俺は彼女をきつく抱き寄せて、
その可憐な唇に己の愛しさをゆっくりと重ねた。